胸郭出口症候群は鍼灸治療で改善

query_builder 2022/06/14
ブログ

こんにちは、アンブル治療院の宮﨑です。

胸郭出口症候群とは、神経や血管が障害を受け、肩、腕、手のしびれや痛み、手の動かしにくさなどを自覚するようになる状態です。

これは、なで肩の女性に多く診られる疾患で肩こりとして自覚されることもあります。

鎖骨を構成する骨が盛りあがって圧迫したり、靭帯の肥厚、加齢による筋力低下や運動前のストレッチ不足、ラケットやクラブの不適切なスウィング、筋肉の酷使や長時間のデスクワークによる猫背など、その方の日常生活によって原因は様々です。

鍼灸治療では筋肉に直接、鍼や灸でアプローチすることで障害を受けていた血管や神経が圧迫されなくなり症状が改善されます。

当院では、来院された際の症状を診ながら患者様一人一人に合った治療法で症状の改善に努めています。

美容鍼が気になる方はコチラもご覧ください。https://www.asahikawa-ambre.com/

記事検索

NEW

  • 暑い夏こそお灸がイイ!

    query_builder 2022/07/12
  • リウマチは鍼灸治療適応してます

    query_builder 2022/06/28
  • 頚腕症候群には鍼灸治療

    query_builder 2022/06/23
  • 夜中に何度も起きる…鍼灸治療で改善!

    query_builder 2022/06/17
  • 胸郭出口症候群は鍼灸治療で改善

    query_builder 2022/06/14

CATEGORY

ARCHIVE